しゃつまにあ。

ファッションのことやらシャツやスーツのことやらをつらつらと…。

About ladies' bag.

最終更新日:2014/9/11

レディースバッグについて

女性にとっていくつあってもいい物の一つがバッグです。 しかし、そんなレディースバッグでも、気に入っていつも使う物となると、自然と決まってくるから不思議です。
通年使う物とシーズンの物を含めても、常に稼働しているのは、2、3個のバッグというのが普通ではないでしょうか。
もちろん、特におしゃれな方や、通勤や通学やお稽古事など、いろんなシチュエーションバッグを使い分ける必要のある方はそのくくりには入らないでしょうが、たいていの場合、何個もあっても、お気に入りは多くても3個ぐらいになるでしょう。

ライフステージに合わせるレディースバッグ

そんなレディースバッグですが、ライフステージによって、利便性に違いがあります。
独身の頃には持ち物がそう多く無く、ショルダーバッグやポシェットのようなもので十分だったはずが、結婚し、子供が生まれると持ち物は途端に多くなります。
もちろん、授乳やおむつ替えなどが頻繁にあるような時には特別なマザーズバッグを持つ方がほとんどですが、そんな時期を過ぎても、子供と外出し、子供が自分の持ち物をしっかり持ち運びしてくれない時期には女性の持ち物は多く、当然バッグもしばらく大きなものを利用することが多くなります。
しかし、子供が大きくなれば、一人で行動することも増え、一人お出かけ用のコンパクトなレディースバッグも当然持ちたくなります。
そして、子育てが終われば、また持ち物はミニマムになり、軽さや持ちやすさにより重点を置いたバッグ選びになります。女性はこのように、ライフステージにより持ち歩くバッグの大きさや形状、例えばラフなハンドバッグなのか、お洒落ながま口バッグなのか、肩掛けなのか…など、選ぶ基準が大きく変わるものなのです。

それだけでなく、季節によってもバッグは使い分けがありますし、天候によっても使えるものと使えないものがあるのですから、男性と違って、女性の持ち物というのは、多岐にわたりデザインも素材も、大きさも、そして値段も大きく違うのは当然なのです。
女性にとってバッグは利便性だけでなく、大きくファッション小物という役割もありますから、当然使いやすさとファッショナブルさというのが同居していないと困りますし、洋服を選ぶ時のように、自分がバッグを持っているところを鏡でチェックしなければ選べないのも男性にはないバッグの選び方だと言えるのです。
女性にとってレディースバッグを購入するにはいくつものチェック項目をクリアしなければ達成されないものなのです。

Favorite

話題のグリーンスムージーのランキングサイト

最終更新日:2017/8/7

Copyright© しゃつまにあ。 All RightsReserved.
WRITTEN BY JAPANESE ONLYフォントサイズ小推奨動作確認・Win画面サイズ1280×1024推奨「しゃつまにあ。」はリンクフリーです。「しゃつまにあ。」はアンリンクフリーです。